【2012年度 公式ポスターコンテスト 結果発表】


br_title.jpg


子ども虐待防止オレンジリボン運動「公式ポスターコンテスト2012」に
たくさんのご応募を頂きまして誠にありがとうございました。

応募総数430作品
その殆どがプロデザイナーからの完成度の高い作品でした。

審査員による厳選なる選考会が行なわれ
最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作3点、特別賞1点、企業・団体賞7点 が決定しました! 

 

conbr_06.gif


 

東京芸術大学教授 河北秀也 様
全国児童養護施設協議会 会長 加賀美尤祥 様
株式会社シークルーズ クリエイティブディレクター 渡邉育雄 様
読売新聞東京本社 社会保障部 部長 田中秀一 様
児童虐待防止全国ネットワーク 理事長  吉田恒雄
児童虐待防止全国ネットワーク 副理事長 椎名篤子

 

  conbr_01.gif

saiyushu.jpg conbr_13.gif

現実を直視することで問題の重さを訴える。
ただし、やわらかなタッチのイラスト表現で見る人に圧迫感を与えない工夫をしました。
 

p_saiyushu2012.jpg

conbr_12.gif

 


さみしさの極にいる少年をモチーフにすることは、勇気のいることでした。しかし、その現実はさけて通れない。
何度も考えた上で、やわらかな色調とタッチの絵にたどりついたのですが、その意図を評価していただいて、たいへんうれしく思っております。

少年の背中にレイアウトされた、3行が、私のこの作品への思いです。「この子にも、オレンジリボン運動のひかりが届きますように」

-ありがとうございました。

大阪府羽曳野市
岩田 三郎様

 

conbr_11.gif

河北 秀也 様 キャッチフレーズとイラストの関係が絶妙にすばらしい。
加賀美 尤祥 様 今回の作品の中で最もインパクトを与えるものでした。高齢の方の作品ということもあってか人生経験の豊かさの中での感性が感じられる作品です。
渡邉 育雄 様 なんといってもイラストのインパクトがあります。優しさ、温かさのあるイラストがすべてを語っていると思います。
田中 秀一 様 「誰もふりむいてくれない」子どもの悲しさがイラストによく表現されている
吉田 恒雄 子犬に自分の気持ちを伝えようとしている子どもの寂しさが現れています。やわらかなタッチがさらに見る人に訴えかけるようです。
椎名 篤子 愛してほしいという子どもの気持ちが色や図柄に表現され、強く目を引きます。惜しみない愛で、子どもを育もうという思いが湧きます。

 

conbr_02.gif

yusyu_t.jpg

conbr_13.gif

オレンジリボンのオレンジを写真でイメージさせ、夕暮れ時の寂しい海で1人でいる子供を描きました。1人で苦しんでいる子供の寂しさを知ってもらい、一人でも多くの子供を助ける事ができたらいい。そう思って制作しました。

 


p_yushut2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は優秀賞というすばらしい賞をいただきありがとうございます。
自分はこのポスターコンテストを通してオレンジリボンの事を知りました。
こどもの未来を守る素晴らしい活動だと感激し、このコンテストに応募させていただきました。
こどもの虐待や無関心等がこれだけ叫ばれている中、こどもに目を向けようとしない大人が未だに増え続けています。
このポスターはひとりぼっちで苦しんでいるこどもが一人でも少なくなるようにと思いながら制作しました。この活動を通じて一人でも多くの大人の方々の関心を集められればと思います。

福岡県北九州市市
田端 亮一様

 

conbr_11.gif

河北 秀也 様 夕景の写真と子どもが、気持ちが伝わってくる
加賀美 尤祥 様 これまでのオレンジリボンポスターから見ると、趣向の違う若い他の作品らしいオリジナリティを感じます。
渡邉 育雄 様 デザイン、ビジュアルの力強さがある作品です。強く印象に残るポスターです。
田中 秀一 様 虐待で苦しむ子どもがいることをインパクトのある映像で表している
吉田 恒雄 見る人に強いインパクトを与える写真と子どもの組み合わせが評価されました。これまでにないオレンジリボンポスターになりそうです。
椎名 篤子 帰るべき家がなく、地域にも頼れる人がいなかったら?この作品は私たちに周囲にいる子ども達に目を向けるきっかけを作ってくれると思います。

 

 conbr_02.gif

yusyu_n.jpg

conbr_13.gif

まずはオレンジリボンの活動を知ってもらえるよう、一番上で「オレンジリボン勲章」の解説を行っています。
メインビジュアル、キャッチコピーはオレンジリボンによって守られる子どもを表現しました。ここで「みんなのオレンジリボン」ではなく、「あなたのオレンジリボン」としているのは、よりポスターを見る人に直接訴えかけることができるからです。
オレンジリボン運動とは何なのかを知り、子どもを守って行ける社会の実現を目指してこのポスターを作成しました。
 

p_yushun2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は優秀賞というすばらしい賞に選んでいただきありがとうございます。
現在私は学生ということもあり、普段子どもと関わる機会があまりありません。そのため今回のコンテストのことを知るまでは虐待については他人事のように考えていました。しかし、子どもを虐待してしまう親の心理や、虐待が無くならない理由を調べていくうちに、私たちのすぐ身近で起きる可能性がある問題だということがわかりました。是非たくさんの人に子育てに悩む親への理解を示し、これからの未来を担っていく子どもを一人でも救えるよう、オレンジリボン運動が広がっていくと私も嬉しいです。

千葉県白井市
長澤 貴之様

 

conbr_11.gif

河北 秀也 様 オレンジリボンがあなたを守っている、ということが良く表れている
加賀美 尤祥 様 オレンジリボンを強く印象づけるものであり、これも若い作者の独創性を感じさせます。
渡邉 育雄 様 オレンジリボンに守られたジオラマがとても印象的でした。
田中 秀一 様 シンプルでわかりやすい。色のコントラストも良い
吉田 恒雄 子ども虐待防止のために一人ひとりができることを「あなたのオレンジリボン」と表現してくださいました。みなさんのやさしさに訴えかけているようです。
椎名 篤子 「オレンジリボンが子どもを守る」。見るだけで、オレンジリボン運動の目的や私たちにできることを考えさせてくれる作品です。

 

    conbr_03.gif

kasaku_o.jpg

岐阜県岐阜市  小川 直茂様

conbr_13.gif

「親の愛に包まれる子どもの幸せ」と「子どもを愛で包み込む親の幸せ」、これら2つの「家族の幸せ」を象徴するビジュアルイメージとして、紙素材への切り込みによってリボンを連想させる帯を立ち上げ、大小2つのハートを構成しました。

全体の色調をオレンジでまとめ、オレンジリボンのイメージを明快に伝えることを意としています。

 

kasaku_h.jpg

 大阪府南河内郡  堀 あすか様

conbr_13.gif

オレンジリボンが親子をつなぎ、愛が生まれる。それがまたつながっていき、地域全体に広がっていって欲しい思いを込めました。

 

kasaku_k.jpg

大阪府高槻市  小島 貞彦様

conbr_13.gif

子育てにおいて、鳥や動物と同様、常に体温と愛情を直接確かめ合うスキンシップの大切さをオレンジリボンで表現。

 

 

conbr_05.gif

東京都福祉保健局長賞

tokyo.jpg

conbr_13.gif

小さい頃よく聞いていたおはなしゆびさんという歌を思い出して、それに添って指で家族を表現しました。この手は何のためにあるのかもう一度よく考えてほしいという思いで作成しました。おはなしゆびさんという歌も親子で楽しんでほしいです。


p_tokyo2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は、特別賞という素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます。
子供の頃というのは親の手は温かく繋ぐだけでなぜか安心するものです。頭を撫でられると心地よく、母の手料理もどんなものよりもおいしく感じ、親の手というのは子供にとってかけがえのないものだと思います。時には手を出す事もあると思いますが、大事なのは感情的ストレスからくる暴力なのか、子供に悪いこと、危ないことだとわかってもらうために手を挙げているかだと思います 。このポスターを見た人がその違いに気づいてくれたら嬉しいです。本当にありがとうございました。

福岡県福岡市
徳留 春奈様

conbr_11.gif
東京都福祉保健局
スローガン(コピー)と家族の笑顔がとても良く、楽しい家庭のイメージが良かった。

 

conbr_04.gif

<SBI子ども希望財団賞>

sbi.jpg

conbr_13.gif

幸せを運んでくる四葉のクローバーを散りばめ、子ども達に幸福を届けたいという思いを込めました。 オレンジリボンの周りにクローバーを配置し、リボンに男の子と女の子を乗せ、オレンジリボン運動は子ども達の幸せを作り、支えていることを表現しました。また、オレンジリボン運動が子ども達の幸せを作り支えていることを多くの人に気づいてもらい、みんなで作っていこうという思いでこのポスターを制作しました。


p_sbi2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は、SBI子ども希望財団賞をいただきありがとうございます。
虐待から子ども達を助けるには、虐待は子どもの親だけの問題ではなく、一人一人がみんなの問題であると思い、全員で取り組んでいくことが大切なのではないかと考えました。そのために多くの人にオレンジリボン運動の存在を知ってもらいたいと思い、オレンジリボン運動がどのような運動かわかりやすく伝えるために、子どもとオレンジリボンを大きく描いたデザインにしました。
オレンジリボン運動が多くの子ども達に幸せを届けることを願っています。

福岡県飯塚市
 福原 千奈美様
conbr_11.gif
公益財団法人SBI子ども希望財団
子ども虐待防止は社会全体で取り組まなければならないが、「子ども虐待はみんなの問題です」というのは正にその通りだと思います。オレンジリボンの周りに男の子と女の子を配置したイラストも可愛いと思います。

 

<グローバルサービス賞>

global.jpg

conbr_13.gif

子ども虐待防止に対しての「安心」を意識しました。一説によりますと「うさぎは寂しいと死んでしまう」とのことで、それを踏まえてイラストの子どものうさぎさんは親うさぎと手をつないで安心感を思わせる様なふんわりとしたイメージにしました。アナログの要素も加えてあたたかみのある作風に仕上げられたと思います。


p_global2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は、「グローバルサービス賞」という名誉な賞を頂き、誠にありがとうございました。
残念ながら虐待による死亡事例は年間50件を超え、1週間に1人の子どもが命を落としています。
このように未来ある大切な子どもたちの身近には山ほどの危険がありますが、私たちは何もできないわけではありません。そこで1人でも多くの人に児童虐待防止に関心と、オレンジリボン運動の存在を理解して頂けるよう、子どもたちへの愛も込めてこのポスターを制作しました。
ポスター上のイラストの子うさぎさんと同じく笑顔や愛があふれる幸せなライフを送れますように・・・。このポスターを通してみなさんの関心と理解が深まり、少しでも虐待を防ぐことができればこんなに嬉しいことはありません。
今回は貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。

神奈川県平塚市
吉田 ひかる様
conbr_11.gif
有限会社グローバルサービス
この作品を見たとき、優しく暖かな色彩が画面いっぱいに広がり、安心感を意識した制作者の意図がまっすぐに受け手に伝わる作品だと思いました。また、弊社はぬいぐるみを制作しておりますので、ぬいぐるみを手にする子どもたちへ幸せをお届けしたいというイメージと重なり選定いたしました。

 

<日本労働組合総連合賞>

rodo.jpg

conbr_13.gif

女の子が摘んできた花束は、きっとその子が大切に思う人に渡されるんだと思います。子供の眼差しは純粋で見返りを求めません。そういう計算のない空気感を、柔らかいタッチで表現しました。虐待を受けている子供の「未来」を思ってほしい・・・そのような願いを込めています。


p_rodo2012.jpg

conbr_12.gif

 


大人は誰もが子供経験者です。
うまく表現できませんが、その当たり前のことの中に、何か大切なモノが潜んでいるような気がしてなりません。私自身、今回のポスター制作にあたり真剣に「虐待」について考えました。そんな思いが一人でも多くの方に伝われば嬉しいです。

福岡県福岡市
家永 美和子様
conbr_11.gif
日本労働組合総連合会
「目線の先は、あなたです。」というコピーと花を摘んできた女の子の横顔に強いメッセージを感じました。

 

<フィリップモリス賞>

pm.jpg

conbr_13.gif

他人の子供だからと、現状を知っていながら目を背けてはいないだろうか?このポスターを見た方の意識が少し変われば、多くの子供を守る事ができると思い作成しました。


p_pm2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は、フィリップモリス賞をいただき、ありがとうございまます。
このポスターでオレンジリボン運動の存在を知って頂く為のキッカケづくりができればと思い制作しました。オレンジリボン運動の内容を深く知って頂く為に、まずはデザインの窓口を大きく広げる事が重要だと思いました。その為、シンプルで分かりやすいデザインにしました。今回のコンテストに参加し、オレンジリボン運動の重要性を感じ、児童虐待防止の難しさを知る事ができました。虐待のない社会と子供の健全な発育に少しでも貢献させて頂けたことに感謝します。ありがとうございました。

福岡県福岡市
古賀 和寛様
conbr_11.gif
フィリップモリス ジャパン株式会社
子どもの笑顔も泣き顔も、それを見守る大人しだいなのだというメッセージが、このポスターで伝えられればと思いました。イラストがかわいらしくて、とてもわかりやすいと思ったので選ばせていただきました。

 

日本アムウェイ賞

am.jpg

conbr_13.gif

子どもは個性的でパワーがあり、親の手を煩わせることも ありますが、未来の社会を背負っていく大切な存在です。誰もが子どもの成長を見守り、手をさしのべられる世の中になってほしいという願いを込めて制作をしました。


p_am2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は、日本アムウェイ賞をいただき、ありがとうございます。
私は子どもが大好きです。街で笑顔の子どもを見かけると心が癒されます。この世の中に自分の置かれた環境に何の抵抗もできず苦しみ悲しむ子どもたちや、命までも奪われてしまう子がいるという現実を知ると、本当に胸が痛みます。いつか、すべての子どもたちが幸せで、笑顔ですごせる社会になってほしいと心から願っています。
私の制作したポスターを見た方々が、少しでも子どもたちを見守っていくことに関心を持ち、児童虐待防止にお役にたてることができれば幸いです。

東京都狛江市
林 麻奈美様
conbr_11.gif
日本アムウェイ合同会社
見た人が思わず笑顔になるような微笑ましい作品だと思います。子どもを慈しむ作者の気持ちが伝わってきます。

 

日本ベビーダンス協会賞

baby.jpg

conbr_13.gif

1本のオレンジリボンを使って親子の心のつながり、絆をイメージし、イラストを描きました。特に、両親に愛に満たされている子どもの笑顔を意識しました。見た人に端的に伝わるよう、極力無駄は省き、シンプルな構成にしています。私のポスターが子ども虐待防止に働きかけができれば幸いです。
 


p_baby2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は、日本ベビーダンス協会賞をいただき、大変光栄に思います。
ポスターはオレンジリボンのロゴから発想を得て、「家族のつながり」をテーマに表現しました。両親からの愛で満たされている子どもの表情がポイントです。

自分の考えを具現化し伝えることができたこと、子ども虐待防止運動に貢献できたことをとても嬉しく思います。ありがとうございます。

東京都国分寺市
野澤 奈央様
conbr_11.gif
一般社団法人 日本ベビーダンス協会
父と母と子が楽しげにつながっている様子、絵とメッセージに惹かれました。父と母から生まれたベビーダンスの愛と重なり、選ばせていただきました。

 

大和商事賞

daiwa.jpg

conbr_13.gif

今回、作品を制作するにあたりシンプルで分かりやすく、温かみを感じられるポスターを目標に考えました。
大切そうに子どもを抱く母親の姿をオレンジリボンに重ね、単純化したイラストで表現しました。見た人が温かい気持ちになり、手を取り合って子どもを守っていける社会の実現を願い制作しました。

p_daiwa2012.jpg

conbr_12.gif

 


この度は、大和商事賞をいただきありがとうございます。オレンジリボン運動のシンボルマークである、オレンジリボンの意味する「子どもを暖かく見守る」という意志がストレートに伝わるように、またオレンジリボンを覚えてもらえるようにポスターを制作しました。ポスターを見た方々がオレンジリボン運動を知り、子ども虐待について考えるきっかけとなり、活動が広がることで地域全体で協力して子どもを見守っていける社会になることを願います。今回、その活動に少しでも貢献できたことを嬉しく思います。ありがとうございました。

神奈川県横浜市
野口 康太様
conbr_11.gif
大和商事
ほのぼの、やさしい感じを受けました。営業店舗で掲示して、あたたかい印象が伝わると思います。

 

conbr_07.gif

<審査委員長>
東京芸術大学
教授  河北 秀也様

小さなポスターなのに、コピーが整理されていないポスターが多く全体的にごちゃごちゃしている作品が多かった。そんな中でもコピーがきちっと入り、インパクトのある作品が目をひいた。

NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク
理事長  吉田 恒雄

今回は、昨年に比べて、さらに力作があつまりました。 それぞれに添えられたコピーがこころを揺さぶります。 応募された皆様の子ども虐待防止にむけられた熱い思いが伝わってきました。
皆様に心より御礼申し上げます。

全国児童養護施設協議会 
会長  加賀美 尤祥様

本年は、キャッチコピーに優れた作品が多かった様に思いました。年々、オレンジリボン運動やその趣旨に関心を持ち、参加して来られる方が増加してきていることはうれしい限りです。

読売新聞社東京本社
社会保障部部長  田中 秀一様

どの作品もレベルが高く、選考に難渋いたしました。特に若い方たちの作品が多かった点がよかったと思います。ただ、突出してインパクトのあるイラストは、それほど多くなかった。来年は、さらにインパクトのある作品を望みたいと思います。

株式会社シークルーズ
代表取締役クリエイティブディレクター 渡邉 育雄様

今年度の作品は、デザインのレベルも上がっていたが、特にコピーのレベルがUPしている印象が強かった。制作者が表面的な表現だけでなく、コンセプトからきちっと考えている感じをうけました。

NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク
副理事長  椎名 篤子

ポスターコンテストは第4回目を迎えました。今回、全体の応募作品を拝見して、子ども虐待への理解がとても進んだと感じました。「子ども虐待防止」という言葉の向こうに子どもの心の傷を思いやり、社会のつながりを願い、親子や育児をささえようという、血と心の通った思いを感じとりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

<オブザーバー>
厚生労働省
虐待防止対策室  田村 浩樹様

日頃より虐待防止活動にご尽力いただき、感謝いたしております。これから一年を通して全国で活躍するポスターとしてふさわしい作品が選ばれたと思います。デザイン、コピーなどに虐待防止への願いが表現された作品が多く寄せられていました。

東京都福祉保健局様

各作品ともスローガン(コピー)と絵がマッチしており、素晴らしい作品が多かった。虐待という暗いイメージを感じさせない作品が多く、選考に非常に迷った。

公益財団法人SBI子ども希望財団様

今年で4回目のポスターコンテストとのことですが、第1回から参加しています。年々作品のレベルがアップしていることと、虐待防止の意識が社会に広がっていることを感じます。やはり、継続は力だと思います。

日本アムウェイ合同会社様

毎年レベルの高い作品が出品され、とても楽しみにしています。制作に際し、御一人お一人が虐待問題について調べ、考えをめぐらせていることがとても印象的でした。関心を持つことが、子どもたちの安全を守る第一歩になると思いますので、このような機会が継続されることを願います。

フィリップモリス ジャパン株式会社様

絵もコピーもレベルが高いと思いました。

日本労働組合総連合会様 

ポスターのデザインはもちろん、コピーも含め全ての作品に強いメッセージを感じました。オレンジリボン運動を一人でも多くの人に知っていただき、子どもへの虐待のない社会が1日でも早く実現できれば良いと思います。

有限会社グローバルサービス様

どの作品も画面いっぱいに広がるオレンジ色に心が温かくなりました。オレンジリボンという素晴らしい運動をポスターという広告媒体を通して、親子、地域、社会 へ伝え、子どもたちの笑顔と未来を守りたいと強く思います。

一般社団法人 日本ベビーダンス協会様

今年度も若い力を感じ、頼もしく思いました。10代から70代まで幅広い年代が親と子の幸せな育ちに関心を寄せていることをうれしく思い、また当事者からの参加は胸をうつものがありました。ポスターを描くにはエネルギーが必要でそのパワーがメッセージと絵を通し、社会へ働きかけていくことを願っています。私たちもベビーダンスを通し、虐待防止に取り組んでまいります。

大和商事様

今回、協賛企業として初めて参加いたしましたが、ポスターコンテストの応募ポスターは多くの協力を得て告知できました。自社内(営業店舗)の掲示板、地元小中学校、大学の掲示板など協力をいただき、広く啓蒙できたと思います。本日、選考したものが、それらの方の作品だと尚、うれしく思います。

 

  

conbr_2011.gif  conbr_2010.gif  conbr_2009.gif  

オレンジリボン運動とは

NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが総合窓口を担っている児童虐待防止の広報・啓発活動です。

ご協力のお願い

児童虐待防止にみなさまのお力をぜひお貸しください。

ただいまのサポーター数
13001
2016年7月21日現在

団体の方へ | 企業の方へ

フェイスブック
公式ポスターコンテスト
サポーターメッセージ
映画「うまれる」
自分で作れる手作りリボン

サイトマップ