虐待かなと思ったら… 189 虐待かなと思ったら… 189

トップ > 個人の方にできること

個人の方にできること

子ども虐待の防止は、児童相談所や市町村などの公的機関だけ行えるものではありません。
わたしたち一人一人が「子育てにやさしい社会」を作ることが、子ども虐待の防止につながります。

サポーターになる

子ども虐待防止オレンジリボン運動を
応援くださる個人の方は、
是非みなさまの意志表明として、ご登録をお願い致します。
オレンジリボンの活動や関連するイベント情報のご案内を
メールで受け取れます。

個人サポーター登録

子育て中の親子に、やさしいまなざしをお願いします。

ご近所や外出先で出会った子育て中の親子に、やさしいまなざしをお願いします。
赤ちゃんに微笑みかけたり、階段で困っている親子を見かけたらベビーカーの持ち運びを手伝ったり、
そんな些細なあなたの行動が、子育て中の親子の心の支えになることもあります。

「子どもを叩いている」「子どもをひどく叱っている」など、
日常的ではないけれど、気になる親子の様子があり、
顔見知りなど関係性がある間柄で可能なら声をかけてみましょう。
育児の悩みを話せたり、子どもを一緒に遊ばせるなどできる相手がいれば、
もしかしたら心が少しおだやかになるかもしれません。
でも、あなたが受け止めきれなかったり、声を掛けるのが難しい場合は、無理することなく、
児童相談所(児童相談所全国共通ダイヤル189)などに連絡し、専門職の支援にゆだねましょう。

  • 育児中のパパママ
  • 通告ガイド
  • 個人
  • 団体
  • 企業
  • 育児中のパパママ
  • 通告ガイド
  • 個人
  • 団体
  • 企業