子ども虐待について

統計データ

虐待死 虐待による死亡事例は年間50件を超え、1週間に1人の子どもが命を落としています。     (社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会 子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について 第1次報告~第9次報告より) 虐待相談対応件数 児童相談所における児童虐待相談対応件数は24年間で約80倍に増加しています。   発行:NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク  (厚...

子ども虐待とは

虐待という言葉について 日本では「child abuse-チャイルド・アビューズ-子ども虐待」と使っています。しかし、子育てに苦悩し、解決策が見つからず、わが子に手を挙げてしまうような保護者のことを考えると、「虐待」はきつい感じを受ける言葉です。チャイルド・アビューズは、子どもの濫用と訳すことができ、「虐待」とせずにもっと柔らかな表現にできなかったのかと疑問に思うところです。 専門家たちの...

あなたにできること

虐待と思われる事実を知ったときには通報してください 子育て中の親子に、やさしいまなざしをお願いします 子育てに悩んでいる人は、ひとりで抱え込まずに相談してください 虐待で苦しんでいる子どもは、がまんしないで相談してください 虐待と思われる事実を知ったときには通報してください 虐待を受けた子どもたちの自立を支援する輪に協力してください 虐待を受けた子どもたちの親代わり(里親)になってください   ...

虐待を受けた子どもたち

虐待を受けた子どもたちには育て直しや長期間の応援が必要です 虐待で家庭から保護された子どもたちは、その後どこで暮らしているのでしょうか 子どもたちには育て直しや長期間の応援が必要です 子ども虐待とは、子どもが耐え難い苦痛や、為す術のない無力感を味わうことだと言えます。虐待を受けた子どもには、非常に低い自己評価が特徴的に顕れます。それは保護者から「おまえは何をしてもだめなのだ」...

児童虐待防止法制度

「児童虐待の防止等に関する法律」の立法と「児童福祉法」の一部改正 「児童虐待の防止等に関する法律」の二回の改正とそれにともなう「児童福祉法」の改正 「児童虐待の防止等に関する法律」の立法と「児童福祉法」の一部改正 「児童虐待の防止等に関する法律」(通称 児童虐待防止法)は2000年11月に施行されました。 もともと日本には、子どもの福祉を守る法律として「児童福祉法」がありま...

オレンジリボン運動とは

NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが総合窓口を担っている児童虐待防止の広報・啓発活動です。

ご協力のお願い

児童虐待防止にみなさまのお力をぜひお貸しください。

ただいまのサポーター数
13459
2016年12月 1日現在

団体の方へ | 企業の方へ

フェイスブック
公式ポスターコンテスト
サポーターメッセージ
映画「うまれる」
自分で作れる手作りリボン

サイトマップ