虐待かなと思ったら… 189 虐待かなと思ったら… 189

トップ > 子ども・若者(18歳未満)の方へ > 子ども・若者向け相談先

子ども・若者向け相談先

自分は虐待(ぎゃくたい)受けているかも・・・と感じている子ども・若者の皆さんへ

子ども虐待(ぎゃくたい)とは、「皆さんが、たえがたく、苦痛(くつう)を感じること」です。お父さん、お母さん、あるいは、一緒に暮らす大人から、殴(なぐ)られたり、きょうだいの間でひどい差別があったり、食事をさせてもらえなかったり、ふるえが止まらないほど繰(く)り返し怒鳴(どな)られたり、性的ないたずらや関係を強いられたりすることです。たとえ殴(なぐ)られなくても、体に傷がつかなくても、心がつらかったら、信頼できる大人に相談してみてください。周りに相談できる大人がいないとき、どうしてよいかわからないときは、次の相談先へ相談してください。


※スマートフォンのみ対応

  • 「自分は虐待(ぎゃくたい)を受けているかも・・・」と感じたとき、相談できる全国共通の電話番号です
  • 通話は無料です
  • 24時間つながります ※一部のIP電話はつながりません。
チャイルドライン

電話 ではなしたい ネット でつながる

  • 18歳までの子どもがかける電話(チャットでつながることもできます)
  • 通話は無料(フリーダイヤル)です
  • 「受け手」と呼ばれるボランティアの方が、皆さんからのどんな話でもきいてくれます。

弁護士会の子どもの人権に関する相談窓口

  • 相談は無料(通話料のみかかります)
  • 弁護士に相談できます
子どもの人権110番

子どもの人権110番(電話) SOS eメール

  • 電話、またはeメールで相談できます
  • 通話は無料(フリーダイヤル)です
  • 法務局・地方法務局(国の機関)の職員、または人権擁護(ようご)委員が、皆さんからの話しをきいて、どうしたらいいか一緒に考えてくれます。