虐待かなと思ったら… 189 虐待かなと思ったら… 189

トップ > 育児中の方にできること > 子育てがつらい、悩みを抱えているあなたへ

子育てがつらい、悩みを抱えているあなたへ

子育てのこと、誰かにお話しできていますか?

子どもの成長の過程には、様々な特徴があります。例えば、2歳前後からはじまる第一自立期や、今は10歳ごろから始まるとされる思春期など。第一自立期では、子どもが意に反することに対して「嫌だ!」と言い、親が困ってしまう場合がよくあります。そうした時期に、子育てをしながら、家事や仕事の両立は、とても大変なことです。そんなとき、子育てや生活全般のことで、話ができたり、相談する相手がいたりすると、心強いものです。

周りに相談できる人がいる場合

子どものすこやかな成長にとって、あなたが心身共に健康であることはとても望ましいことです。子育てに不安や悩みを抱えていたり、つらいと感じたりしていたら、抱え込まずに、パートナーや子育て中のママ友やパパ友と会話の機会を作ったり、ときに、お互いに相談し合ったりしましょう。

それでも不安や悩みの解消につながらず、むしろもっとつらくなってしまう場合は、各地域にある子育て相談機関へ相談してみましょう。

周りに相談できる人がいない場合

新しい土地での生活スタートや地域コミュニティの希薄化が言われている昨今、周りに相談できる相手がいない場合も珍しくありません。また、シングルで子育てする家庭も珍しくはなく、話しのできるパートナーがいない場合もあるでしょう。そうしたあなたが、子育てに不安や悩みを抱えていたり、つらいと感じたりしていたら、そのままにせず、最寄りの子育て相談機関に相談してみましょう。忙しいあなたにとって、電話やメールで相談できる場所も多くあります。どんな話しでもできる相手がいますし、子育てに関わる様々なサービス、子育てプログラムや地域の子育てサークルについても紹介してくれます。また、多胎児の会、障がいのある子どもを育てる親の会など、いろいろな集まりもあり、そうした所を紹介してくれたりもします。

 
※お住いの周りの相談機関が直ぐに見つからない場合は、市区町村や都道府県を追加して検索してみてください。

子どもにつらく当たってしまいそうな場合

子どもを正しく育てようと多くの親が頑張っています。しかし、そうした思いが強ければ強いほど、子どもの第一自立期と重なったりすると、「子育てがうまくいかない」と、悩みや不安を抱えてしまうことがあります。そして、ときには、子どもに手を挙げたり、食事を作るのが嫌になったりなど、育児ができなくなってしまうこともあります。

子どもにつらく当たってしまいそうなあなたへ

1人で抱え込まず、189(児童相談所全国共通ダイヤル)へ電話してください。子どもにとって、そしてあなたにとっても、決して悪いことにはなりません。子どもに関わる専門家が、具体的な解決策やサポートについて、あなたと共に考えます。子どもの発達に不安があるなど、子どものことで悩みを抱えている場合も、児童相談所へ相談することができます。


※スマートフォンのみ対応