虐待かなと思ったら… 189 虐待かなと思ったら… 189

トップ > 全国ネットのお知らせ・活動 > 2/14 第30回シンポジウム「児童虐待防止法施行20年を迎えて」オンライン開催のお知らせ

2/14 第30回シンポジウム「児童虐待防止法施行20年を迎えて」オンライン開催のお知らせ

2020.12.24お知らせ

認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク
第30回シンポジウム開催
「児童虐待防止法施行20年を迎えて~子どもの権利を守る虐待防止施策を考える~」

 児童虐待防止法が2000年11月20日に施行されてから20年が経過しました。この間、児童虐待の定義の拡大をはじめとする様々な改正・強化が図られてきました。それにもかかわらず、児童相談所は急増する相談対応に追われ、市区町村ではその対応力の強化が課題となっています。何よりも、虐待により命を落とす子どもの数は依然として減少の傾向が見られません。
 本シンポジウムでは、2000年以降の子ども虐待防止のための対応状況と課題について様々な角度から報告を行い、子どもの権利を守るための防止制度や対応のあり方について考えます。
 コロナ禍の状況から、オンラインでの開催となりますが、多くの方のご参加をお待ちしております。

主催:特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク
日時:2021年2月14日(日)13:00~16:00
参加(視聴)方法:オンライン(Zoomウェビナー)

事前申込制(先着450名)、参加費無料
◎申込締切日:2月7日(日)まで

◎参加を希望される方は以下URL(こくちーずプロ)より、お申込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/007798edfa82d87813826bd1d0e7010d/

【メールアドレスのお取扱いについて】
お申込みの際、入力いただきますメールアドレスについては、当シンポジウムの運営管理の目的にのみ利用させていただきます。

プログラム:
13:00 開会のあいさつ
    「児童虐待防止全国ネットワーク設立20周年を迎えるにあたって」
      吉田恒雄(弊団体理事長)
13:15 基調講演「『子どもの最善の利益』を守る~児童虐待防止法の役割と課題~」
      松原康雄(明治学院大学名誉教授)
13:35 休憩
13:40 報告 ※途中に5分休憩あり
・「子どもの虐待死をめぐって」椎名篤子(作家)
・「激変した児童相談所の光景と新たな虐待対応体制への模索」川松亮(明星大学)
・「(仮題)社会的養護への措置と一時保護の推移について」黒田邦夫(愛恵会乳児院)
・「児童虐待対応における司法の役割と課題」掛川亜季(たちかわ市民法律事務所)
・「(市区町村)子どもを守り家庭を支える取り組み これまで、そしてこれから」
  坂入健二(特別区職員研修所)
・「虐待予防としての子育て支援の場とこれから」高祖常子(育児情報誌miku元編集長)
15:15 休憩
15:25 意見交換 コーディネーター 吉田恒雄
15:55 閉会のあいさつ 松田雄年(東京家庭学校)
16:00 終了

チラシダウンロード


協力:公益財団法人児童育成協会


お問い合わせ先
児童虐待防止全国ネットワーク事務局 info@orangeribbon.jp