11/15 第14回子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会開催のご報告

第14回子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会
    ~あなたの気づきが命をつなぐ~

虐待によって命を奪われた子どもたちに鎮魂の祈りを捧げ、私たち一人ひとりがすべきこと、できることについて考える集会が行われました。
第1部では、厳粛な雰囲気の中、虐待によって亡くなった子どもたちの尊い命を讃え、62名もの子どものお名前が読み上げられ、参加者全員で黙とうを捧げました。
変換 ~ DSC04681.jpg

第2部では、湯浅誠氏に深刻化する貧困の現状について、ご講演いただきました。「虐待の背景の1つには経済苦があり、制度改正など政府の対応と共に、困っている人に声をかけるなど私たち一人ひとりにできることをするのが大切だ」とお話されました。

そして、厚生労働大臣政務官の堀内詔子様にご登壇いただき、
「児童福祉法改正のポイント等、子ども虐待防止に向けた政府の取組み」についてご説明いただくとともにご挨拶を頂戴しました。

変換 ~ DSC04695.jpg

集会終了後、「鎮魂の行進」をし、沿道の方々に子ども虐待防止をアピールしました。ニッショーホールからスタートし、ゴールの京橋公園までオレンジリボンを身に付けた参加者の皆様と一緒に行進いたしました。

私たちは子ども虐待のない社会を目指し決意を新たにいたしました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

変換 ~ DSC04715.jpg 

主催 : 特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク
日時 : 2016年11月13日(日)  12:15 開場 13:00 開演
場所 : ニッショーホール (東京都港区虎ノ門2-9-16)
内容 :
第1部 虐待死を悼み、命を讃える

第2部 講演 「子ども虐待の背景を探る~深刻化する貧困の現状と子どもの育ち~」
      湯浅 誠 氏
第3部 子ども虐待防止を訴える「鎮魂の行進」


    


オレンジリボン運動とは

NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが総合窓口を担っている児童虐待防止の広報・啓発活動です。

ご協力のお願い

児童虐待防止にみなさまのお力をぜひお貸しください。

ただいまのサポーター数
13590
2017年1月16日現在

団体の方へ | 企業の方へ

フェイスブック
公式ポスターコンテスト
サポーターメッセージ
映画「うまれる」
自分で作れる手作りリボン

サイトマップ