虐待かなと思ったら… 189 虐待かなと思ったら… 189

トップ > 全国ネットのお知らせ・活動 > 【2013年度 公式ポスターコンテスト】開催

【2013年度 公式ポスターコンテスト】開催

2013.02.09お知らせ

 

contest_br_2013_2.jpg

 

 
【コンテストの応募は終了いたしました】
 
4月30日を持ちまして公式ポスターコンテスト 2013の応募は締め切らせていただきました。
 
厳選なる審査を行い、結果はホームページ等で発表いたします。
受賞された方には個別にご連絡をさせていただきます。
 
たくさんのご応募ありがとうございました。
 
 
<<< 主旨 >>>
公式ポスターコンテストについて

「オレンジリボン運動」とは、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。
2011年度、全国の児童相談所での子ども虐待相談の処理件数は、年間で5万9千件を超えており、1週間にひとり以上の子どもたちが虐待により尊い命を失っています。「NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク」では、オレンジリボン運動を通して子ども虐待の現状を伝え、多くの方に子ども虐待の問題に関心を持っていただき、市民のネットワークにより虐待のない社会を築くことを目指しています。
 
 
2009年より開始いたしました「オレンジリボン運動公式ポスターコンテスト」も今回で5回目の開催を迎えました。多くの方に子どもへの虐待問題について関心を持っていただくきっかけになればとの思いから、年齢、職業を問わず、幅広く募集しております。ご応募の際にいただきます制作意図や受賞された皆様からのコメントには、ポスターコンテストへの応募を機にオレンジリボン運動を知りましたなどのお声も多数頂戴しております。
 
このようにポスターコンテストへの応募や作品作りを通して、決して他人事ではない子どもへの虐待を自分達の問題として意識し、私たちひとりひとりが関心を持って、子どもへの虐待のない社会になることを願い、本年も、オレンジリボンマークとオレンジリボン運動の普及を目的にオリジナリティあふれる作品を募集します。
ポスターを制作いただきます際には、子どもへの虐待に関する基礎知識をまとめたパンフレットをご一読いただくことをお願いしています。たくさんのご応募をお待ちしています。
 
 
 
【主催】
NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク

【後援】(予定)
内閣府、文部科学省、厚生労働省、
日本子ども虐待防止学会、(財)こども未来財団、
(公財)SBI子ども希望財団、読売新聞社、
東京都、全国児童相談所長会
全国児童養護施設協議会
 
 
 
昨年までの結果発表と受賞作品
 
kekka2012_r2_c2.png kekka2011_r2_c2.png kekka2010_r2_c2.png kekka2009_r2_c2.png

 

 
 

【ポスターコンテスト共催】   (申込順) 追加される場合があります。
 
公益財団法人SBI子ども希望財団
フィリップ モリス ジャパン株式会社
日本アムウェイ合同会社
日本労働組合総連合会
有限会社グローバルサービス
一般社団法人日本ベビーダンス協会
大和商事株式会社
株式会社コミットコーポレーション

 

<<< 応募要項 >>>

【使用用途】
入賞作品については、児童虐待防止全国ネットワークが使用する2013年度啓発ポスター・チラシ等に使用いたします。
また、特別賞として共催企業より選ばれた作品は、その企業が独自に使用いたします。


【応募締め切り】
下記 専用フォームよりご応募ください。
 
2013年4月30日(24:00まで)



【応募形式】
●応募用データとしてA4タテサイズ・解像度72dpi・RGBに変換・保存形式はJPEGのデータ
 ご用意いただき、下記コンテスト応募専用フォームから送信してください。
 ※縮小してA4タテサイズでも可能。
 ※応募データは最大で3MB程度までを目安にご用意ください。
●応募形式が守られていない場合、応募は無効となります。

 

【結果発表】
・「オレンジリボン公式サイト」(7月中旬) 
・共催企業ホームページ特設ページ(7月中旬)
※選ばれたご本人には郵送で通知を致します。



【贈賞関係】

最優秀賞(1点) 賞状 賞金10万円
優秀賞(2点) 賞状 賞金 3万円 
企業・団体賞(各企業・団体毎) 賞状 記念品
特別賞 東京都福祉保健局長賞(1点)(予定) 賞状 記念品
1次審査通過(約200名)   公式オレンジリボンストラップ

※表彰式を2013年6月22日(土)オレンジリボンフォーラム(女性就業支援センター)で行う予定です。
 
以前の表彰式の模様はこちらでご覧いただけます。


【審査委員】

東京芸術大学 美術学部教授 河北秀也
全国児童養護施設協議会 会長 加賀美尤祥
読売新聞東京本社 社会保障部 部長 田中秀一
児童虐待防止全国ネットワーク 理事長  吉田恒雄
児童虐待防止全国ネットワーク 理事 高祖常子

※企業・団体賞は各共催企業・団体毎に選定いたします。

 

【制作にあたって】
) 下記URLに子どもへの虐待に関する基礎知識をまとめた
教材用パンフレットを用意しております。
必ずダウンロードして内容をお読みいただいてから制作をおこなってください。
http://www.orangeribbon.jp/goods/supporter/pdf/orangeribbon.pdf


2)Adobe Illustratorまたは Photoshopを使用して制作してください。

3)B2タテのポスターになることを前提に制作してください。

4)イラストを使用する場合にはオリジナルのものに限ります。

5)写真を使用する場合にはオリジナル撮影したものを基本とし、著作権フリーの素材写真を使用する場合には加工してご使用ください。使用料の発生するレンタル写真は使用できません。


) キャッチコピー・リードコピーも含んだ作品を制作してください。
下記のコピーを参考にオリジナルのコピーで制作をおこなってください。

※採用された場合には、一部表記やデザインなどについて修正をお願いする場合があります。

icondl.gif
 

 

<参考:A案>目的:周囲へ、子ども虐待の早期発見と関係機関への相談(通告)を促す。

【1週間に1人の命が、子ども虐待によって奪われています】※
虐待かな?と感じたら 相談しよう 小さな命 守るため

(リード)
子どもを虐待から守るには、周囲の方による早期発見と、関係機関への相談(通告)が大きなカギとなります。
相談(通告)先は、児童相談所全国共通ダイヤル TEL:0570-064-000 またはお近くの市町村へ
 

 

 

参考:B案>目的:周囲へ子育てへの理解を促すことで、子ども虐待への要因を減らす

子育て親子へのやさしいまなざしや声かけが
子ども虐待の手・心を止める

(リード)
孤立した育児環境での不安やストレスが、子どもに向けられ、子ども虐待へと発展してしまう場合があります。子どもを虐待から守るために、子育てに奮闘しているお母さんやお父さんへ、あなたのやさしいまなざしや声かけをお願いします。

 


7) 下記はポスターに必ず入れてください。

icon02.gif

※オレンジリボンマークは下記より入手できます。

icondl.gif

 

 

オレンジリボン憲章
私たちは、子どもの成長と発達を支援することが
社会全体の責任であることを自覚して、次のとおり行動します。

1 私たちは、子どものいのちと心を守ります。
2 私たちは、家族の子育てを支援します。
3 私たちは、里親と施設の子育てを支援します。
4 私たちは、地域の連帯を拡げます。

私たちは、子ども虐待のない社会を目指します。

参考URL:http://www.orangeribbon.jp/about/orange/purpose.php

 

icon03.gif

 

NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク
オレンジリボン運動事務局
URL http://www.orangeribbon.jp
後援:内閣府、文部科学省、厚生労働省、日本子ども虐待防止学会、(財)こども未来財団、
(公財)SBI子ども希望財団、読売新聞社

 

icon04.gif

 

児童相談所全国共通ダイヤル TEL:0570-064-000 またはお近くの市町村へ


※記載例)
「虐待かもしれない」と思ったときは児童相談所全国共通ダイヤルへ。


8) 参考資料として虐待防止関係ポスターが下記に掲載されています。

2012年度 公式ポスターコンテスト 受賞作品
受賞作品 発表ページへ
  2011年度 公式ポスターコンテスト 受賞作品
受賞作品 発表ページへ
     
2010年度 公式ポスターコンテスト 受賞作品
受賞作品 発表ページへ
   2009年度 公式ポスターコンテスト 受賞作品
受賞作品 発表ページへ

 

厚生労働省 児童虐待防止推進月間ポスター (2012年11月)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002n0nn.html


【応募にあたっての注意事項】
1) 入賞作品の著作権および著作人格権に関する権利(著作権法第27条および第28条に定められる権利を含む)は主催者である児童虐待防止全国ネットワークに帰属します。また、入賞作品の使用に関して著作者人格権を行使しないものとします。入賞作品の広告使用などに関する使用料なども発生しません。
2) 未発表のオリジナル作品に限ります。
今後提案予定のある作品についても応募できません。
応募者は応募作品に関して、知的財産権など第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。第三者の知的財産権を侵害する疑いのある作品については、審査結果後であっても受賞を取り消すことがあります。
4) 応募いただいた方の個人情報は児童虐待防止全国ネットワークが取得し、今後のイベントなどのご案内のために利用させていただくことがあります。
5) 選ばれた作品は実際の使用にあたってデータの修正をお願いする場合があります。
6) 応募作品数に制限はありません。1名何作品でも応募可能です。
7) 審査状況や審査結果に関するお問い合わせには応じられません。
8) 賞に内定しましたら事務局からご連絡いたします。
指定期日までに元データ(印刷用)および著作権に関する必要書類に
署名捺印いただいた後に正式決定となります。
 

icondl.gif

 
ポスターコンテストについてのお問合せは
NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク 公式ポスターコンテスト事務局
E-mail : info@orangeribbon.jp

 

 

6月30日を持ちまして公式ポスターコンテスト 2013の応募は締め切らせていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
 
結果発表は7月を予定しております。
ホームページにてご案内いたしますのでお待ちください。
 
 
 

 

※応募フォームはオレンジリボン運動支援企業の(株)ヘキサゴンが管理しています。
上記バナーをクリックすると㈱ヘキサゴンの管理ページに移動します。