虐待かなと思ったら… 189 虐待かなと思ったら… 189

トップ > 全国ネットのお知らせ・活動 > 6/5 第16回シンポジウム 「社会的養護の新たな役割と展望」

6/5 第16回シンポジウム 「社会的養護の新たな役割と展望」

2011.04.11お知らせ

特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワーク 第16回シンポジウム

「社会的養護の新たな役割と展望」

―児童福祉施設最低基準、里親ガイドラインの見直しを中心に―

日時:平成23年6月5日(日)13:30~16:30(開場13:00)
場所:全国社会福祉協議会 灘尾ホール
(東京都千代田区霞が関3-3-2 Tel03-3580-0988)

6月5日、無事シンポジウムが終了いたしました。

当日は、200名を超えるたくさんのご参加をいただき、
心より御礼申し上げます。

現在、厚生労働省では児童福祉施設最低基準の見直しが進められています。同時に、里親ガイドラインの改定も行われています。虐待された子どもや障がいのある子どもの増加といった、社会的養護のもとに生活する子どもの質の変化への対応と同時に、「地域主権」の名による国による最低基準の自治体条例化、「子ども・子育て」ビジョンの実施など、さまざまな要因がその背景にあります。

今回のシンポジウムでは、児童福祉施設最低基準等の見直しに至る経緯やその内容を検討し、社会的養護にかかわる各分野から基準等見直しの意義や課題などを提示し、参加者の皆さんと意見交換をします。また、社会的養護の見直し制度・運用の課題に加えて、今回の大震災で被災されたたくさんの子ども、心のケアを必要とする子どもがいることまで視野に入れた検討も必要であります。当日はそうした新たな課題とともに、社会的養護の新たな役割と展望を考える機会にしたいとも存じます。

 

プログラム

基調講演 吉田恒雄 「社会的養護をめぐる最近の動向」
(駿河台大学法学部教授・NPO 法人児童虐待防止全国ネットワーク理事長)

シンポジウム

 「社会的養護の新たな役割と展望」
児童福祉施設最低基準、里親ガイドラインの見直しを中心に

シンポジスト

木ノ内博道(全国里親会 理事)

藤野興一(児童養護施設 鳥取子ども学園 園長)

大塩孝江(母子生活支援施設 倉明園 施設長)

須藤三千雄(児童自立支援施設 埼玉学園 元施設長)

 

会場 : 地下鉄銀座線「虎ノ門駅」11番出口より徒歩5分地下鉄千代田線/丸の内線/日比谷線「霞ヶ関駅」A13番出口より徒歩8分 地下鉄千代田線/丸の内線「国会議事堂前駅」3番出口より徒歩5分

                                    

主催:特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワーク 財団法人こども未来財団(予定) 

後援(予定を含む):

内閣府 文部科学省 厚生労働省 日本子ども虐待防止学会 公益財団法人SBI子ども希望財団  読売新聞社 

東京都 全国社会福祉協議会(全国児童養護施設協議会・全国乳児福祉協議会・全国母子生活支援施設協議会) 全国自立援助ホーム協議会  財団法人全国里親会  

 

問い合わせ先、託児のお申し込みは                                  

NPO 法人児童虐待防止全国ネットワー事務局

〒156-0043 東京都世田谷区松原1-38-19 東建ビル502 電話/FAX 03-6380-6380

メール info(a)orangeribbon.jp

ホームページhttp://www.orangeribbon.jp/index.php 子ども虐待防止オレンジリボン運動