虐待かなと思ったら… 189 虐待かなと思ったら… 189

トップ > 全国ネットのお知らせ・活動 > 2010年度ポスターコンテスト表彰式

2010年度ポスターコンテスト表彰式

2010.10.12活動報告


10月10日(日曜日)日比谷公会堂で開催された鎮魂集会の会場で、公式ポスターコンテスト2010の受賞者をお招きして表彰式が行なわれました。
この日の鎮魂集会には約600名の参会者があり、その壇上で受賞者の皆さんと作品を紹介し、それぞれ賞状および賞金・商品の授与が行なわれました。
ttl_hp_result20100810.gif

受賞された皆さん、おめでとうございました。
作品は子どもの虐待をなくすためのオレンジリボン運動の普及活動に使用されています 。
 

主催:NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク

日時平成22年10月10日(日)
場所:日比谷公会堂
CIMG0826.JPGのサムネール画像CIMG0831.JPGのサムネール画像

5a45[1].jpg 左から
優秀賞
京都府京都市 宮澤良輔さん
優秀賞
愛知県名古屋市 森田真紀さん 

NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク
吉田恒雄 理事長 

優秀賞
福岡県福岡市 藤本由樹さん
最優秀賞
長野県長野市 小林浩司さん

 

 

 

最優秀賞  小林浩司さんのメッセージ

saiyushu_s2010.jpgのサムネール画像

子ども虐待の無い、平和で幸せな社会は子どもの笑顔があふれる社会だと思います。ポスターは、すべての子どもが笑って暮らせる社会の実現を願って、オレンジリボンとたくさんの子どもの笑顔を組み合わせました。
このたび最優秀賞をいただけたことはクリエイターとしてこの上ない喜びです。
審査員の皆さまありがとうございました。そして、お子様の写真を快く提供いただきましたすべてのご家族にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

 

優秀賞  藤本由樹さんのメッセージ

yushu2_s2010.jpgのサムネール画像

 この度は、素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます。大変光栄に思います。
 オレンジリボンの中に、それぞれ異なった表情の幼いこどもを描きました。小さい子でも感情はあり、個性があり、将来の希望がある。それを虐待で摘んでほしくないという思いから、このデザインになりました。私は今まで我が子を虐待する親が不思議でした。しかし、この制作を通して、子育ての大変さなどを知り安易にこどもを産んではいけないと痛感しました。
 この作品を通して、現在虐待している人や、虐待しそうな気持ちになっている人達に、改めてこどもの可愛さや尊さを思い出して欲しいと思います。

 

優秀賞  宮澤良輔さんのメッセージ

yushu3_s2010.jpgのサムネール画像

この度は優秀賞という素晴らしい賞をいただき、本当にありがとうございます。
虐待を防止するには地域や行政の方々の意識や連携が欠かせないということを知り、そこから私はそれを大きなオレンジリボンを持ち上げるという表現を考えました。
一人では持ち上げることはできませんよね?みんなで協力しあう事で持ち上げることができ、それを社会に広めていこう思いを込めて製作しました。
このポスターを通じて少しでも子どもへの虐待を防ぐことができればこんなに嬉しいことはありません。ありがとうございました。

 

優秀賞  森田真紀さんのメッセージ

yushu4_s2010.jpgのサムネール画像

この度は素晴らしい賞をいただき本当にありがとうございました。私自身、このコンテストに参加するまでオレンジリボン運動を知らなかったので、シンボルマークを大きく使用して一人でも多くの方々にオレンジリボンの存在を知ってもらえたらという気持ちで制作しました。
今、学生なのでこれからもっと多くを学び、より良い作品を作れるよう励みたいです。
このポスターが少しでも子ども達を虐待から救う力になれたらと思います。
ありがとうございました。