虐待かなと思ったら… 189 虐待かなと思ったら… 189

トップ > 自治体のお知らせ・活動 > 古河市(茨城県) 市職員がオレンジリボンバッジを着用しPR

古河市(茨城県) 市職員がオレンジリボンバッジを着用しPR

2007.11.01活動報告

①市職員によるオレンジリボン運動
  ・市職員全員にチラシを配布、オレンジリボンバッジ着用の参加協力を呼びかけた。(バッチ代金の500円は職員が自己負担)
  ・市長、副市長他、職員578名、社協職員31名、民間保育所8箇所95名が衣服(胸のあたり)や名札等にバッチを着用して、児童虐待防止を市民にPRしている。(平成19年11月10日(土)に「茨城新聞」が記事掲載)


②児童虐待防止広報啓発
・小冊子3,000部、リーフレット9,000部、チラシ(オレンジリボン運動)5,000部、ポスター(150部を2種類掲示)等を児童福祉、教育関係機関・施設等への配布、掲示。